2007年12月15日

シミ・ソバカスを防ぐ

シミやソバカスの原因になるチロシナーゼ。
この働きを阻害することを目的としたサプリメントやスキンケアなどさまざまな商品が販売されています。

たくさんの商品があるので自分に合ったものを選びましょう。
チロシナーゼを阻害する成分にもさまざまあります。
posted by チロシナーゼ at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

アルブチン

美白にはチロシナーゼの働きを阻害する成分が多く利用されます。


アルブチンには、メラノサイトでチロシナーゼの働きを協力に抑える作用があります。
その他にも、メラニンを皮膚の外へ追い出す強さも持っています。
美白にはとても頼もしい存在です。
posted by チロシナーゼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

プラセンタエキス

プラセンタエキスには、チロシナーゼの活性を阻害する働きがあります。
メラニン色素は、チロシンにチロシナーゼが作用することにより生産されるのですが、チロシンそのものは生きていくためには必要不可欠なものなのです。
ですが、プラセンタエキスで、チロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素の生産を防ぐことが出来ます。
posted by チロシナーゼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

トマト

トマトに含まれている「リコピン」は抗酸化作用があります。
そのため、皮膚の表面で発生する活性酸素を消去します。
さらに、チロシナーゼの活性を弱める働きもあります。

リコピンは、生食用のトマトよりもジュースやケチャップなどの加工品の方が多く含まれているのだそうです。
posted by チロシナーゼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

美白

チロシナーゼは、メラニンを作る酸素なのでチロシナーゼを阻害するとメラニンの生成を食い止めることができるので、美白効果が出ます。
さらに、最近では、チロシナーゼを阻害するだけではなく、メラニンの製造指令を出す物質そのものを阻害するという美白効果を高めた美白剤が一般的になっているそうです。
posted by チロシナーゼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。