2007年10月31日

チロシナーゼの働き

チロシナーゼが働くまでにはステップがあります。
紫外線が皮膚にあたると、皮膚の表面で活性酸素が発生します。
すると、色素細胞であるメラノサイトの働きが活性化され、チロシナーゼの生産がスタートされます。
そして、メラニンが生成されるほど、肌が黒くなるのです。
これがいわゆる「日焼け」です。
メラニンは、まるで悪者のように扱われがちですが、実は、紫外線の刺激から細胞のDNAを守るために作られているのです。
posted by チロシナーゼ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。